インプラント治療は歯科医選びからしっかりと行おう

健康的な歯に

診察台へ行く

アメリカやカナダなどに比べると日本人の矯正歯科に対する意識はまだまだ低いですが、最近では大人になってから矯正をする方も増えています。日本にはコンビニの数より多い歯科医院があると言われますが、その全ての歯科医が矯正歯科医と言うわけではありません。歯列矯正は骨の成長にあわせて行う子ども向けのものから、抜歯や噛み合わせの状態によっては手術をともなうこともあります。その治療方法は患者の年齢、骨格、歯並びの状態などによってさまざまです。また、金額的にも決して安いものではないですし、施術期間も短くても2年程度と決して短くはありません。そのため、矯正をする場合は、正しい矯正歯科の知識と多くの症例を経験している矯正歯科の認定医がいる歯科医院や矯正歯科専門の歯科医院がお勧めです。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどでは矯正歯科はとても一般的で、きれいに整った歯並びをしている人がとても多いです。日本でもようやく子どもの歯列矯正の大切さが広まってきました。治療方法も症例によっては歯の裏側から装置をつけて治療することも可能で、人目を気にせず行うことができます。最近では、子どもの歯列矯正に来たついでに、ご自身の矯正歯科治療をはじめられるお母さん方も増えてきています。噛み合わせや歯並びが悪いと、磨き残しが増え虫歯になりやすくなったり、歯並びのゆがみが原因で咀嚼障害や肩こりなどを引き起こすこともあります。矯正歯科で美しい歯並びを手に入れることは、見た目の美しさだけではなく、正しい噛み合わせにすることで健康な体を手に入れることにつながります。