インプラント治療は歯科医選びからしっかりと行おう

子どもの歯から

治療が終わる

乳児検診に行くと必ず歯の磨き方の指導を受けます。 乳児の歯が生えてきた頃からきちんと歯磨きをしておかないとすぐに虫歯になってしまうからです。 そのため歯にいいといわれているフッ素を定期的に歯医者に塗りに行ったりもしています。 歯磨きを徹底していても虫歯になってしまう場合もありますが、そんな時はあまり食べ物を噛まずに飲み込んでいる可能性があります。 よく噛むことで唾液が分泌されます。唾液には虫歯の酸を中和させる消化液です。口の中は常に弱アルカリ性状態です。食べ物を食べるとそれが酸性に変わります。酸性の状態が続くと虫歯になってしまうのです。 よく噛むことで唾液がたくさん分泌されて虫歯予防になるといわれています。

歯が痛くなってから歯医者に行くのですが、子供は乳歯が抜けかけていて次の歯が生えてきているのになかなか乳歯が抜けなかったりしても歯医者に行くことがあります。 昔、歯医者は大人向けの仕様でしたが最近は子供が遊ぶ場所や歯を見てもらっている間に子供向けのDVDを流していたり、がんばった子供にお土産のおもちゃをくれたりと子供が怖がって歯医者を嫌がるのを回避する対策と工夫で一杯です。 歯を抜くのも技術が進歩しているのか、昔はものすごく痛かった記憶があるのですが、今子供に聞くと麻酔の注射を痛いと言ったことがありません。 よく見ていると塗るタイプの軽い麻酔を先に注射を差すところに塗っていたりと、痛くないような工夫がされています。 自分が子供のときにもあればよかったのにと思うものばかりです。