インプラント治療は歯科医選びからしっかりと行おう

治療方法を知る

治療道具を清潔にする

矯正歯科では、デコボコした歯並びをきれいにするために様々な治療を行います。 歯並びを改善するためには、スペースを作らなくてはいけないので、 歯を抜いてスペースを作ります。 しかし、抜歯をしなくてもいい矯正歯科のテクニックがいくつかあります。 まずは、一番奥の歯を更に奥に動かして、スペースを作る方法です。 奥に動かすには限界があり、口の中の状態によってはこの方法ができない場合もあります。 そのような時は、歯の並び自体を前の方に出す方法を採用します。 元々出っ歯のような症状には適用にならないことがあります。 他には、歯を少しずつ削ってスペースを作る場合もあります。 このように、個人によってことなる歯並びによって矯正の方法を決めます。

矯正歯科では、ワイヤーを歯にかけて歯並びを改善する方法が一般的です。 しかし、この方法は装置が目立ってしまうだけでなく、ワイヤーが口の中の粘膜を傷つけてしまったり、 痛みの原因にもなることがあります。 そこで、新しい矯正歯科の治療方法が登場しました。 ワイヤーではなく、マウスピースを使った矯正です。 透明なマウスピースなので、つけていても自然な感じで、目立つことがありません。 金属は一切使わない、やわらかい素材なので口の中を傷つけることもなく、 自分で取り外しができるので、食事の際には外していつも通りにの生活をすることができます。 マウスピース矯正は、ワイヤーにはない様々なメリットがありますが、 長時間装着する必要があります。